見出し画像

もしもnoteの雰囲気が変わったら?

どうも、ピースオブケイクでデザイナーやってる佐賀野です。

現在noteのカイゼンチームでは、改善施策につながるアイディアを日々検討しています。
あくまでアイディアなので、それらがすぐ施策に繋がるわけではありませんが、今後のnoteをどうしたいか、どうしていくべきか、を議論しています。

そんないくつもあるアイディアの中で、(もし実現したら)noteのみなさんにとってインパクトの大きいものを1つお見せします。

それがこちら、

じゃーん。noteのダークモードです。

現在、モダンなOSやブラウザ、あるいはメジャーなアプリがダークモードを実装し、通常のライトモードと切り替えられるようになっています。
noteもそれに追従すべきかを一度検討するため、実際にダークモードになったnoteを作成してみました。

暗いところで画面が見やすい、ダークモードになったOS・ブラウザともトーンが揃って統一感が出るというのがメリットですが、一方noteはリリース当初から紙・ノートを連想させる白の印象が大きいサービスです。
ダークモードを実装し切り替えられるようになった場合、この印象が大きく変わることになります。

また、もう少し思考を広げてみると、ダークモード以外にも、例えばカラーカスタマイズ機能がnoteに備わったらどうなるだろうか、という別方向の可能性も頭に浮かんできます。

これら一連の考えを頭でグルグルさせていたときに、noteを日々活用しているクリエイターや読者のみなさんはどう感じるだろうか、というクエスチョンが発生しました。
今回このアイディアを公開したのは、このクエスチョンに対するみなさんの考えをお聞きするためです。

最初に書いたとおり、あくまでアイディアの一つなので今すぐやる・やらない、という話ではありません。
いきなりnoteがガラリと変わったりはしないので、その点はご安心を。

もしもの話として、noteのイメージが大きく変わって見えたときに、読者として、クリエイターとしてどう感じるだろうか、率直な意見をお聞きできればと思います。

ご意見は、この記事のコメントや私のTwitterアカウント、またはnoteカイゼン目安箱でお待ちしています。

ではでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事をご覧いただきありがとうございます。 もしよろしければサポートしていただけると嬉しいです。 記事の更新スピードや、ある日突然新しいフォントを公開したりする可能性が上がります。 いただいたサポートは書籍購入や作業環境の更新に使わせていただきます。

🍓
118
株式会社ピースオブケイクでデザイナーやってます。

コメント14件

色は背景色・文字色・アクセントカラーなど,それぞれ彩度・明度も含めて調節できたほうが良いかもしれません
紙っぽい質感に関しては,それらしいテクスチャに乗算する方法や,bordar-radiusを強くする・枠線や仕切り線をなくすといった方法で,「Made of 紙」感を出す方向も有りだと思います
視覚的な配慮としてのオプションという意味であると助かる人も多いと思います。

ただ、個人的には今の「白地に黒」の世界観が気に入っているので、導入されても今のままで使うと思います。
はよっ、実装して
みなさんご意見ありがとうございます。
肯定的な意見が多く大変参考になりました。

実装時期等々についてはまだお答えできる状態ではありませんが、なるべくみなさんのご期待に沿えるよう頑張ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。